ABOUT US

会社情報

ごあいさつ

代表取締役 髙橋 尚樹

MITSUYA SEIKO(THAILAND)は2012年5月 三矢精工株式会社初の海外生産拠点としてタイ国ラヨン県アマタシティー工業団地内に設立いたしました。

タイは東洋のデトロイトと呼ばれ、国内外の自動車メーカーや部品メーカーが進出し、自動車の一大生産拠点となっております。

MITSUYA SEIKO(THAILAND)と日本の三矢精工は次世代のグローバル化に対応する為、互いに緻密に連携することでタイムロスの少ない生産体制を構築いたしました。
自動車業界をはじめ様々な産業を支えてきた三矢の技術力は海を越え、新たな未来の礎を築くことでしょう。

世界に貢献できる企業であり続けるために、技を磨き 心を磨き 日本のものづくり発展のために歩み続けてまいります。

副社長 日下部 弘

MITSUYA SEIKO (THAILAND) は三矢精工株式会社 初の海外関連会社として設立され、2014年より量産を開始いたしました。

タイ国の自動車生産台数は今や年間200万台を超え、ASEAN最大の自動車生産国です。MITSUYA SEIKO (THAILAND)はこの地で現在、自動車駆動系部品やトラック部品などを中心に年間500万個の製品を生産しています。
昨年にはIATF16949の認証を取得し、より高度な管理体制で品質マネジメントに努めています。おかげさまで日系企業のみならずタイ国法人のお客様ともお取引をいただいております。

MITSUYA SEIKO (THAILAND)ではタイ現地法人ならではの下記の強みを生かして更なる発展を目指しています。

①日本の本社で一元管理されたR&D体制と生産技術
②品質面においてはJapan Qualityの実践
③現地法人ならではの対応の速さ
④タイ人スタッフによる、きめ細やかな管理体制の構築
⑤現地法人としての社会貢献と人材の登用および育成

弊社の特徴である、プレス技術・平面、円筒研磨技術・切削技術を進化させ、これらの技術を組み合わせた製品開発にて自動車部品はもとより産業機械等、あらゆるお客様の開発のご要望とVA・VEにご対応できるようにして参ります。

沿革

2012年5月三矢精工(THAILAND)設立
2012年6月アマタシティ工業団地内に工場用地を取得
2012年10月工場建設に着手
2013年5月工場完成
2013年11月製造設備を新設
2014年1月本格生産に着手
2014年5月ISO9001認証取得
2014年9月GKN様と取引開始
2015年1月NHK様と取引開始
2015年5月Mubea様と取引開始
2015年10月UNIVANCE様と取引開始
2018年12月IATF16949認証取得

会社概要

社名 三矢精工 タイランド MITSUYA SEIKO(THAILAND)CO.,LTD.
代表者 代表取締役社長 髙橋 尚樹
設立 2012年5月31日
資本金 1億8千万バーツ
住所 7/385 Moo.6,Mabyangporn,Pluak Daeng,Rayong 21140 Thailand
TEL (+66)-38-913-700(701、702)
FAX (+66)-38-913-703
日本人担当/日下部  (+66)-81-990-3281